土地選びで夢をみる

土地というとバブルのイメージがあります。

 

土地神話の元、地上げ活動も起こり、少しでも広い場所が空けばマンションが立ち並び、高額であっても一戸建て住宅の購入希望者がわんさかいました。

 

 

 

その頃から比べると現代はそこまで不動産にこだわりはないものの、やはり家庭をもったりすると自分の土地に思い通りの我が家を建てるのは大きな目標であり、夢となります。

 

 

数ある候補地の中からここぞという場所を決める時は購入が高額になるため勇気がいります。

 

 

一生に何度もある買い物ではありませんので特に土地選びは慎重に行いたいものです。

 

 

震災以来、そこがどんな土地であったかなどにより被災状況も違ってくるのがわかってきたので、由来も気になります。

 

 

駅から近い場所、学校が近い場所、会社が近い場所など条件の良い場所も気になります。

 

 

色々な人生設計を考えながら、一生ものの財産を何処に購入するか、楽しい夢を描きながら不動産屋さんをめぐるのも楽しい時間に違いありません。