不動産業界での建物区分としてのマンションとは

マンションとは、本来は一戸建てである大邸宅のことを意味した言葉だったのですが、現代の日本では、もっぱら鉄筋コンクリート造りの集合住宅の意味、として用いられているわけです。

 

 

そして、この鉄筋コンクリート造りである、というところに実はそのポイントがあるわけで、不動産業界で言うマンションとは、その建物名称の如何なのではなく、鉄筋コンクリート造りの集合住宅であることを以って、マンションとして分類されているのです。

 

 

 

従って、たとえその建物名称が「○○マンション」となってはいても、鉄筋コンクリート造りでない場合には、不動産業界ではアパートに分類されてしまうのです。

 

 

ということは、もちろんこの逆もあるというわけで、「○○アパート」という建物名称になっているものでも、鉄筋コンクリート造りの集合住宅である場合には、不動産業者の扱いではマンションとなっているわけです。

 

 

 

しかし、この建物種による不動産業界での区分というものは、一般的には意外に知られていないもののようです。